流れる水のはたらき調べ隊が調査しました

2017-11-07

11月7日に、理科の「流れる水のはたらき」の学習で荒川や釜無川に行ってきました。荒川では、上流から下流に向かうほど石が小さくなったり、川幅が広くなったりすることがわかりました。双田橋では、河原に降り、流れる水によって削られた部分をたくさん発見しました。台風で水かさがかなり増えていたこともわかり、堤防があることの大切さに気づきました。